オーディオ

「LXV-OT7」専用 ブラックウォールナット装着


真空管アンプキット「LXV-OT7」専用のケースを購入しました。

ケースは、「ONTOMO shop」にて限定販売されてもの。
だいぶ前に購入していたのですが、やっと装着してみました。

このケースは、真空管ハーモナイザーキット「LXV-OT6」にも
対応しているそうなので2台ならべると格好良いかもしれません。

ケースの内側には、「LXV-OT7」や「LXV-OT6」の外側に出ている
ビスなども干渉しないような切り込みもはいっているので
基本的には何も考えず、ここにはめ込めばOKです。

 

ケースの仕様

ケースは、ブラックウォールナットを採用されています。
もちろん天然の無垢材なので質感や雰囲気は、なかなかものもがあります。

表面は植物系のオイル仕上げがされていて、内部に浸透させるタイプの
塗装処理をおこなっているそうです。

付属品としてインシュレーターもはいっていました。
(今回は使用しませんでした。)

 

装着前に少し加工

木製のケースにセットする前に、真空管の熱が少し気なったので
少しだけ加工してみることにしました。

アンプ自体がとても熱くなったことはないのですが
木製ケースが保温効果があるかもしれず、気持ち的にも少しでも熱を排気できたら
いいな・・・くらいの感じで穴を開けてみました。

目立たないように裏面に3箇所開けてみました。
ガイドもせずいきなり穴を開けたので、かなりずれてしまいました。
見えない部分なので良しとします。

 

設置してみる

とってもいい!!
往年のLuxmanのアンプを彷彿させる雰囲気をかもしだしています。
ただし、木製ケースの価格がアンプ本体とほぼ同等という
手を出しにくい部分でもあり、やりすぎかなとも思っていましたが
この雰囲気をみた瞬間にそんな気持ちも吹き飛び、ニヤついてしまいました。

買ってよかった。
デスクの雰囲気が格段にアップした気がします。

ちなみに付属していたインシュレータですが、
厚みがかなりあり、このインシュレータをつけると雰囲気が壊れそうなので
アンプに付属していたゴムのインシュレータで対応しました。

 

 

Sponsored Links

-オーディオ
-, , ,

Copyright© LIFE-LABO , 2020 All Rights Reserved.