LIFE-LABO

人生を楽しむ研究所

*

ゼンハイザー「IE 40 PRO」を買ってみました。

   


先日、秋葉原に行ったので
最近訪れていなかった「eイヤホン」に寄って「IE 40 PRO」を購入しました。

エレベーターを降りてすぐに入り口があり
入り口の真正面に「ゼンハイザー」の文字があり、見てみると
ゼンハイザーらしからぬ安いプライスタグがついていたので
手に取り、試着してみて、装着感が良かったのでそのままレジへ。
試聴はしませんでした。ゼンハイザーなのでハズレはないと思うので。

色々物色してみようと思って入店したのに
入店して、箱が目にはいって、商品さわり、タグをレジに持っていき、退店。
購入したことに満足して、およそ2分程度で出てきてしまいました。

 

外観や付属品は

色はブラックを購入。
クリアーもあるようですが在庫がありませんでした。
デザイン的にはクリアーが良かったのですが、特にこだわっていなかったので黒でもOK。

パッケージはいたって普通。

箱から出すと、スポンジ状の保護材に包まれた状態で本体が現れます。
ビニール等に入っておらず、いきなり出てくる感じです。

付属品は、上の写真の通り。
・L,M,Sサイズのイヤーピースと少し低反発っぽいものの合計4種類。
・保護ケース
・説明書類
・クリーニングバー
と質実剛健の付属品となっていました。

 


イヤーチップをはずしてみると
写真だとわかりずらいのですが、本体とチップに荒目のスポンジが挿入されていました。
チューニングされてこのスポンジが採用されたのだと感じさせられます。
イヤホンって、たったこれだけのスポンジで音が激変するのだから不思議ですし
面白いですね。
とりあえず何も変えずにデフォルトで使用します。

 

試聴レビュー

早速試聴してみる。
イヤーピースは、付属のものとの相性がよかったので初めからついていたMサイズを
そのまま使用しました。

装着感がよく、手で持ったときよりも装着したほうがより軽く感じます。
この部分すごく感心させられました。さすが型番の「PRO」の文字は伊達ではありません。

今回は、外で手軽に使用することを前提として購入しているので、簡易な接続を。
iPhoneXに変換アダプタをつけて試聴。

エージングも何もない状態での試聴は、
高音でない、低音ボワボワ、定位はいい感じ。
はじめによくある雰囲気なので、数十時間、音楽を再生させておきました。

エージング後の「IE 40 PRO」の印象を5つでまとめると以下の通り。
◎バランスがとてもいい。
◎低音の扱いが恐ろしくうまい。
◎高音の伸びや艶やかさは、特徴なし。
◎定位がどの曲でも安定している。
◎長時間でも聞き疲れしない。

 

良い部分と不満な部分

「IE 40 PRO」の最も特徴的な部分は、
低音域の扱いの上手さにあると思います。
しっかりと出して抑制できていて、欲張らず再生する。
低音をこの価格帯で、ここまで安心して聞けるイヤホンは、ないのではないでしょうか?

高音に関しては、他のレビューなどで「突き刺さる」などのコメントも見ましたが
私の「IE 40 PRO」については全くそのようなことはなく。
聞き疲れしないバランスの良い感じでした。
その分特徴がなく艶感やどこまでも伸びていきそうな高音は期待できません。

定位は、とてもよくモニターライクな雰囲気をだしている音作りです。
音楽ジャンルに関係なく安定して試聴できるイヤホンです。

音質とは関係ありませんが、
イヤホン本体とケーブルのコネクトが結構ゆるくて、抜けやすいことが気になります。
パチッとはまらずに、なんとなく刺さる手応えです。
現に何度も装着していると少しづつ緩んできます。
外出先でスポッと抜けてイヤホン本体だけなくなっていることが容易に想像できます。
(すこし残念な部分です)

 

他のイヤホンと比べて

所有してい他のイヤホンと比べても
1つ、、2つくらい抜きん出ている、素晴らしいイヤホンだと思います。


とにかく何を聞いても安心して、不満なところがないので
ついつい「IE 40 PRO」を手にとってしまうし、長く試聴してしまいます。
純粋に音楽を楽しめることができるイヤホンであり
確実に「名機」と言って良いものだと思います。

今まで使ったイヤホンの中で最もオススメできる「IE 40 PRO」です。

 

 

 - オーディオ , , ,