LIFE-LABO

人生を楽しむ研究所

*

R8-Jのアップグレードケーブル「R8 upgrade line」使ってみました。

   


先日購入をしたAuglamourのイヤホン「R8-J」が
リケーブルできるので早速試してみました。

購入をしたケーブルは、Jの文字がない「R8」専用のリケーブル
「R8 upgrade line」です。
「R8」用に開発されたケーブルらしいので「J」が付いたモデルでも
良さそうに感じるので試聴もせずに取り付けです。

 

R8 upgrade lineの外観は

シルバーコーティングされているので
全体的に白っぽいようなシルバーの外観です。

3.5mm側の端子はL字タイプ。
標準のものとほぼ差がないように思われます。

イヤホン側の2pin端子も標準とほぼ変わらなそうですが
「R」と「L」の表記がかなり見にくいので注意が必要です。
(頻繁に取り替えることもないと思うので許容範囲内です。)

 

イヤホン本体に取り付けてみて

実際にイヤホンに取り付けてみると
前モデルの専用ケーブルということで接合部分が
完全には合っていないようで、少し接合部分が浮いたような感じになります。


2つのケーブルの先端を比べてみると一目瞭然です。
下の写真のように右側の標準ケーブル(ブラック)には凹みがあり
イヤホン本体の出っ張りと噛み合うような構造になっています。

使い勝手の部分ですが
標準とくらべるとケーブルがだいぶ硬くなっていて取り回しがかなり悪くなっています。
しなやかさが減少したと言った方がしっくりとくるでしょうか。

取り付け後のデザイン的には
いかにもリケーブルをして高級感が増したような感じも受けます。

 

標準ケーブルと視聴してくらべてみる

肝心の音出し。

リケーブル後に視聴してすぐに感じる部分が、音痩せ。
全体的に高音寄りにパワーバランスがシフトして、高音の伸びはより良くなりましたが
低音部分が減った感じになり音痩せを感じるのかもしれません。

ボーカルで比較すると女性は、少しきらびやかになり
男性では、少し痩せてかすれ気味になるようです。

標準ケーブルに比べると高音の伸びが特徴なのかもしれませんが、
私には標準ケーブルの方がバランスがとれていること感じました。
(標準のケーブルはバランスが取れて聞きやすい変わりに
高音部と低音部の伸びがバッサリとカットされている感じですが・・)

何度か着けたり変えたり、1日程度のエージングを試してみたのですが、
この評価はかわりませんでした。

 

最終的に

はじめてのリケーブルですが、変えれば良くなるという
イメージだったのですが、私の好みには合いませんでした。

仮に何かが悪くなってもそれを上回る
尖った特徴や好みの音質になるのならば気分で交換したり
すると思うのですが、残念な結果になりました。

物理的にはケーブルのしなやかさが無く
扱いづらいこととタッチノイズが増えてしまっていることがかなり致命的!

今後ほかのイヤホンなどで使えることがあるかもしれないので
参考のためにも取っておこうとおもいます。

逆に言えば標準ケーブルで十分あるように思います。

音域をよくばらないeイヤホンの調整によって聞き疲れしずらい
「R8−J」の素晴らしさがよくわかった視聴でした。
何が良いのか悪いのか・・・うーん奥が深い。

 - オーディオ , ,