LIFE-LABO

人生を楽しむ研究所

*

「YD-202J」NFJデジタルアンプを購入しました。

   


NFJから先日発売された、デジタルアンプ「YD-202J」を購入しました。

「YD-202J」は、以前にプロトタイプで販売された「YB-DIA202J」
(Lot0)の後継機となるモデルです。
(「YB-DIA202J」については過去の投稿をごらんください。

 

外観はこんな感じ

前回シルバーを購入してホワイトの印字が思っていたよりも見にくかった為、
今回はブラックを購入してみました。


デザイン的には、ボタンなどが大きくなり試作機の「YB-DIA202J」(Lot0)よりも
D302Jの方に似ている感じです。

入力端子側もUSBの入力がタイプBに変わってくれたので
いままで使用したケーブルを使うことが出来るようになりました。(嬉しいポイントです)

フロントパネルの厚みがまして高級感がアップしています。
比べてみると一目瞭然です。

 

内部はこんな感じ

いつも通り内部も確認してみました。
キレイなわけでも汚いわけでもない普通の状態でした。(幾つかは部品が曲がっていますが)
オペアンプもしっかり交換できるようにソケットで取り付けられています。

 

試聴してみました

とにかく試聴。
システムはいつものとおり。

再生機材:MacBook Pro

再生ソフト:Audirvana

ノイズフィルター:PGN(NFJ)

DAC・アンプ:YD-202J

スピーカー:S-A4SPT-VP

いきなりの音出しでは、かなりドンシャリ傾向。
その後、1時間程度の音出しでかなり落ち着き、
小音量ですが一晩音をだしてエージングしてみました。

「YB-DIA202J」(Lot0)と比較してみたいと思います。

まず一番変わった部分が高音部!
高音の伸びが大幅にアップ。
「Lot0」でスパッと切れていたような高音部分がウソのように伸びています。
ちょっとわざとらしいと言えばそうかもしれませんが、良い方向への変化です。

盛大に出ていた低音が少し落ち着きました。
少しボリュームが減り、輪郭がしっかりしました。

2番めに大きく変わった部分が、音の輪郭。
音が綺麗にセパレートされていることが、この「YD-202J」の最も目立つ
特徴かもしれません。
メリハリがしっかりとして、ここも少しわざとらしさを感じないわけでは
ないですが嫌な感じではありません。
(ここはエージングでもう少し落着いてきそうな気がします。)

 

試聴したファーストインプレッションをまとめると

【良いと感じた部分】
・高音の伸びがアップ。
・輪郭がよりしっかりとしてセパレート感がアップ。
・低音が塊にならず、一つ一つ安定している。
・全体的にコントラストが上がった感じがします。

【気になる部分】
・全体的に音作りが少しわざとらしいかも。
・高音の伸びはアップしたが艶のような質感までは表現されていない。
・少しドンシャリ感が残っている。(コントラスト上げすぎ?)

色々な部分はありますが、良いアンプに生まれ変わっています。
「Lot0」とは全くの別物です。
同じチップでここまで味付けを変えられることに驚きです。
毎度のことながらこの価格でこの音ならばとても良いと思います。

 

その他のポイント

トーンコントロールが使いやすくなっています。
LEDライトで増減が表現されるようになっています。

写真のように、例えばBASSを増加させると
LEDライトが少しづつ右側に増えていきます。
逆に減少させると、LEDライトが少しづつ左側に増えてきます。
これで現状のトーンコントロールの位置が把握できます。

そして地味にトーンコントロールの調整が便利になるリモコン。
音量調節はもちろんですが、
分かりづらい本体のボタンに比べると格段に操作が楽になります。

ひとつ致命的な欠点が!

本体でボリュームを調整すると誤動作を起こすことがあります。
例えば、音量を下げようとボリュームを回すと、一瞬音が大きくなったり、
逆に多くしようとすると、小さくなったりと。

個体差なのかもしれないのでなんとも言えませんが、私の機種では、
電源を入れ直してもこのような誤動作はあります。
ボリュームを多用する自分には少し残念です。

追記
(リモコンでボリューム調整をするようになってから
その後に本体ボリュームノブでの音量誤動作の発生率が
減ったような気がします。もしかしたら物理的なことではないのかも??)

 

全体的には、価格から考えれば楽しいデジタルアンプであるこは
変わりなく、試作機からの大幅に音質アップも見逃せないところです。

まだ、ヘッドフォンやアナログ入力なども試しいないし
USBのDAC部分も交換できたり、オペアンプも交換できるので
少しの間「YD-202J」で遊んでみたいと思います。

 - オーディオ , ,