LIFE-LABO

人生を楽しむ研究所

*

重量級のポタアン「AUGLAR GR-1」を購入しました。

   


Auglamourから発売されているポータブルアンプ「AUGLAR GR-1」を購入してみました。

ポタアン・イヤフォン市場にくわしくないのでAuglamourというメーカーを
知らなかったのですがコストパフォーマンスのよいイヤフォンで有名なメーカーらしく、
今回このメーカーからの初めてのポタアンがこの「AUGLAR GR-1」だそうです。

 

購入の動機は

この「AUGLAR GR-1」を名指しで購入したわけでなく、
Webでポタアンやイヤフォンを検索している際に
みた外観のデザインに惹かれてことと、
金額が安めの設定で手が出しやすかったことからの購入です。

いままでのポタアンでは見たことない重ねづらいデザインと質感。
そしてポータブルのはずなのに重量級なウェイトのトガッたコンセプトに
惹かれました。

 

付属内容や外観

届いた箱を持つと、いきなりずっしりと重さを感じます。
しっかりとした箱をあけ化粧ペーパーをどけると存在感のある本体に目を奪われます。

付属内容は、本体、3.5mmステレオミニプラグ、説明書1枚、
ゴムバンド2個、USBケーブル、何故か削り出しのAuglamourのロゴプレート。
早速本体をとりだしてみると、ズシリとくる重さ。
そして手に取るとわかるのですが思ってた以上に質感がよくて驚きでした。

表はAUGLAR GR-1」の特徴でもあるデコボコのデザイン。
裏面にはロゴが大きく刻印されています。操作部分はボリュームとスイッチ、
そしてUSB充電ようのインプットと3.5mmのミニプラグの
入出力のみのシンプル設計です。

 

本体について

特別なものもなくシンプルな操作部分でボリュームツマミは無段階です。
スイッチをいれるとブルーのライトが点灯する程度で電池残量などは
わからない仕様となっています。

せめて色分けくらいしてくれればよかったと思います。
基盤をみているとオペアンプが簡単に交換できるような仕組みとなっています。
それ以外もシンプルです。(オペアンプを交換する楽しみができました。)

 

試聴

実際に試聴してみます。試聴は、2パターンで行ってみました。
実際の使用環境になるであろうiPhone6sPlusから付属ケーブルで接続。
もうひとつは、MacBook Proから付属ケーブルで接続。
(これは、Audirvanaを使ってみたかったので試してみました。)



使用したイヤフォンは以前にも紹介をしたZERO AUDIOの「CARBO TENORE」



①②どちらの試聴でも共通に感じることは、
ノイズや歪みがなく安定したものであることと、

低音部分の再生能力がアップしたことです。

特に、再生側(iphoneなど)のボリュームを下げて
「AUGLAR GR-1」側のボリュームを上げることでより低音部分を
力強く再生することができます。
これによって低音再生の苦手なイヤホンなどでは
より効果を発揮できます。
まさに「CARBO TENORE」とは相性ぴったりでした。

もちろんAudirvanaを使用したハイレゾでの再生でも
しっかりと違いを感じることができました。

デザイン重視で購入しましたが
思っていたより、使いやすくて音質もなかなかよいアンプです。

 

 - オーディオ , ,