LIFE-LABO

人生を楽しむ研究所

*

「YB-DIA202J」NFJデジタルアンプを購入しました!

   


NFJの新作デジタルアンプ
「YB-DIA202J」を購入してみました。

img_0428

今回購入したYB-DIA202Jは試作ロットであるということで
「Lot zero」のロゴがプリントされています。
価格も試作ということで安くなっているようです。
とにかく、安くて全部入りって感じのデジタルアンプです。

最も興味のある部分がYAMAHAのデジタルアンプICを2個使用して
デュアルモノラルの構成にしていること。
全部入りなのに面白い構成です。

 

外観は?

img_0429

まず箱をあけると少し驚きました。
アンプの筐体は天板も側面もシルバーとばかり
思っていたのですが、、黒でした。

全面シルバーで安っぽいレトロな宇宙船のようなイメージで
シルバーを選んだのですが、天板が・・黒だった。

確かにNFJのHPをよく見れば黒っぽく見える。
勝手にシルバーと思い込んでいました。
ちょっと残念。

文字はシルバーなのでかなり見にくいですが
これはわかっていたことなのでOK。

LEDのレトロっぽい並びは、チープさ良い感じです。

 

内部は?

構造はよくわからないのですが
一度は確認しておきたいところ。
NFJのページにも掲載されているのですが、
やはり開けてみました。

img_0433

開けてみると
??????なところが。
写真の右上あたりの「USB-DAC」のところに
黒いものがついてます。

img_0438

はじめは、ヒートシンク??とか思ったのですが
よく見てみると、アンプの足についている
スポンジが2個ついています。

なぜだろう?

押さえつけることで音がよくなるのか??
USB-DACがはずれないように??

(詳しい方!よかったら教えてください!!)

img_0435

img_0440

なんかチップがとれてしまうのではと、
思ったのですが取ってみたかったので
はがしてみました。

特に変わりもないような感じでした。

まずはデフォルトの状態で音を聞いてみたいので
あえてスポンジを付けなおしておきました。
(あとで取るかも・・・)

とりあえず外観や内部はこんな感じ。
とにかく小さくて安く全部入りの王道のような
デジタルアンプ「YB-DIA202J」です。
こういうのって面白い。

少し聴き込んでまたレビューしてみたいと思います。

 - オーディオ , ,