LIFE-LABO

人生を楽しむ研究所

*

スペックに載らない「TransBook T90CHI-3775」の性能とは!

   


どんなデバイスにも紙面上のスペックでは分からない感覚部分の性能を
表現することは難しいです。

DSC08469

この「TransBook T90CHI-3775」を使用していても同じことがあります。
そのなかで特に感じたことが下記の4点

①キーボード
②画面
③音
④使用体感

DSC08467

 

まずキーボード。
キーボード自体 サイズの制約もあることから見た目にはかなり小さく見えます。
実際に文字を打ち込み始めるとはじめは小さくて戸惑いますが、
意外にも快適にキー打ちができます。
快適と省スペースとの限界ギリギリの所で設計されているとおもいます。
簡易的なキーボードにあるようなベコベコな感じはなく
しっかりした作りになっていて安心した打ち込みができます。

 

IMG_5934

XperiaZ4との大きさ比較


画面に関しては
Macのようにとても綺麗というところまではなりませんが、
低価格から考えると予想していたよりも良いと感じました。
(感じ方は個人差があるかとおもいますが)
もっとカラーバランスが不安定だったりするのかと思っていましたが
そんなことは無く、これも意外にも簡易的な写真編集などもこの画面でOKです。

 

IMG_5926

スピーカーは画面の短側の両脇に配置されています。

音に関しては、
これまた意外にも出てくれて

簡易的に使用する分には充分ではないかと思います。
説明が難しいので実際に動画にて撮影してみました。

 

最後の使用体感に関しては、
これは最も困った部分。
反応が遅いということ(これはiPad Air2 と比べた体感です。)
次の動作に移る際にワンテンポ遅れたり、固まった感じになったりします。
この部分は使い方によっては致命的かもしれません。

DSC08471
私は、文章を打つことがメインなのでそれほど気になりませんが
メディア関連で使用するにはちょっと難しいかもしれません。

数字的なスペックからは把握できない部分が結構良いということが使っていてわかった
「TransBook T90CHI-3775」でした。

 

 - デジタル機器 , , , ,