LIFE-LABO

人生を楽しむ研究所

*

「evil and flowers」ボニー・ピンク を聴いてみた!

      2015/11/11


CDラックを整理、掃除をしていたら、
記憶からも消滅していたCDが出てきました。
ボニー・ピンクの「evil and flowers」

「evil and flowers」は、1998年に発売された
ボニー・ピンクの3rdアルバム。
スウェーデンのトーレ・ヨハンソンをプロデューサーに迎えたアルバムです。

mzi.qaxtbkik.1200x1200-75

購入時にはなんとなくBGM的に聴いていた覚えがあります。
久しぶりにサラッと聴いてみよと再生。
あまりの良さに呆然としてしまいました。

 

「evil and flowers」という曲からはじまり、
1枚を通じて独特な世界観なのです。
基本はシンプルです。
悲しさ、切なさ、喜び、が入っていて劇的なインパクトを
表現しているわけではないのだけど、音の行間といえばいいのでしょうか、
聴いた後も何か残るのです。

ちょっとモヤモヤした感じでもあり、怖い感じでもあり、
やさしい感じでもあります。

 

小説を読んでいるような、余白の多い褪せて水色ぽいフィルムカメラの
写真になり、時にはモノクロ写真をみているような、
夢と現実が同居しているような。(これがモヤモヤの部分かも。)

 

このアルバムの極めつけが10曲目にある「Quiet Life」。
はじめは静寂な感じ、なんだか凄く怖くなり
なぜか最後に清々しくなる。不思議です。
これがボニー・ピンクの声で感情が抜けているような不安定感だから良くて、
もっと歌唱力がある人が歌っていたら「Quiet Life」にはならないと思えます。

 

当時は気が付かなかったけど「evil and flowers」私のなかでは
十年以上を経て名盤リストの仲間入りです。

 

  

 - Book・Movie・Music , , ,