LIFE-LABO

人生を楽しむ研究所

*

モバイルバッテリー 「PowerCore20100」買ってみた!

      2015/09/12


いつもモバイルバッテリーを持ち歩いています。
モバイル機器が増えてきてバッテリーを心配されている方もお多いと思います。

普段、仕事などのバッグにいれているモバイル機器は

Xperia4
iPhone5s
iPad air2
305ZT (モバイルルーター)
RX100(コンデジ)

コンデジも含めて上記の機器はすべてモバイルバッテリーで充電が可能です。
これだけの機器のバッテリーを心配しているのは少し大変。
さっきまで満タンだったバッテリーがいつの間にかにレッドゾーン!!ってこともよくあります。
外出時や自宅での充電を忘れて時などの保険的な要素も兼ねているモバイルバッテリー。
だから大きめの容量のものを持っています。
ANKERのモバイルバッテリーE6(20800mAh)を使っていましたが
今回新製品が発売されたので買い替えです。

ANKERの「PowerCore20100」です。
名前の通りバッテリー容量は、20100mAhもあります。

DSC07951

DSC07953

買い替えの最も大きな要因は容量は同じでサイズとウェイトがスリム化されていること。
今までなんだったのかと思えるサイズになっています。
E6から比べて30%の縮小化と27%の容量ダウンです。

DSC07962
(白がE6。 黒が今回購入した「PowerCore20100」)


同じ容量でここまでスリム化して本当に容量はあるのだろうかと、単純に心配してしまいますが
実際に使ってみて体感的には変わりない気がします。
充電の効率も良くなっている?というか、より安定した気がします。

DSC07953
(付属品は、メッシュのケースと説明書のシンプルな構成』

スリム化に伴うデメリットもあります。
なくなってしまった機能がLEDライトがなくなったこと。
充電ポート3個口から2個口への減少です。
私の普段の使用方法からは全くダメージのないスリム化でむしろシンプルになり大歓迎です。

DSC07960

普段の感想は重さもさることながら、
やはり、大きさのスリム化がバッグのスペースに余裕を持たせてくれるので助かります。
ANKER良い商品をありがとう。

 - デジタル機器 , ,